けんちゃんのランログ

サブスリーが、したいです。

ラングッズ調達と焼き鳥屋での衝撃

 

暑い日が続きますね。

 

スピ練とかロング走だったら大変だろうなと思いますが、僕は気楽です。

 

てくてく歩いてます(^^)

 

ウォーク&ちょい走り。

 

時間はすこしのばして50分くらい。

 

 

で、

 

走ってませんが、ラングッズだけはいろいろ調達してます。

 

 

ノースフェイス フリーランショーツ!

 

f:id:kenchan-run:20220625123359j:image

 

僕は、ノースフェースのマルチポケットをずっと愛用してて、ボロいの含め、すでに5着所有。

 

実は、ボロいのもきちんと使い道があって、夜で目立たないときに履いてもいいし、冬のウインドブレーカーパンツの下に履いてます。

 

これを下に履いとけば、スマホだとか、鍵だとか入れられるので、ウインドパンツの収納性能を一切気にしなくてよいという(^^)

 

履くフリップベルトみたいに使ってます。(もちろん、冬のハナシですよ)

 

 

で、そろそろ1着欲しいなーと思ってたところに、

 

 ooiさんの「ショーツ各種」紹介記事があり、触発されてこのカラー買っちゃいました(^^)

 

白シャツとあわせると、暑い季節にさわやか~でよさそう。

 

今まで買ってたフライウェイトと生地が違うので、マジ走りには向かないかなと思いますが、旅ランとかLSDによいかなと思ってます。

 

 

 

ノースリシャツ2枚 !


f:id:kenchan-run:20220625123405j:image

 

イオンで1枚あたり780円。

 

イオンってこういう無印のシンプルなやつを激安で売ってるんで、結構重宝してます。

(イオンに入ってるスポーツオーソリティとかの専門店ではなく、イオンの普通に服とか売ってるフロアのスポーツコーナーです)

 

メーカーのロゴ、いらないんですよね~、僕。

 

 

あと、生地にもよりますけど、白シャツって、しばらく着ないと黄ばんでくるじゃないですか。

 

ノースリシャツって暑い時期しか着ないんで、次シーズンの着るころには微妙黄ばんでて着なくなっちゃう。

 

だから、消耗品的に躊躇なく捨てられるこの価格はありがたいです。

 

イオン、おすすめですよ。

 

 

HOKA SPEED GOAT 5

 


f:id:kenchan-run:20220625123440j:image

f:id:kenchan-run:20220625123443j:image

f:id:kenchan-run:20220625123437j:image

f:id:kenchan-run:20220625123433j:image

 

トレランシューズです。

 

今年1本くらいトレイルを走ってみたいなと思ってて、シューズ買わなきゃなーと思ってたんですが、やらないんで何がいいのか全然分からなくて。

 

そんなときに神記事が。

 

【シューズレポ】SPEED GOAT 5が出たぞ。【HOKA ONEONE】 - 仕事じゃねえんだ、まじめにやるぞ。〜アラフォーからはじめるYOGAとRUN〜

 

軽くて、ロードメインのランナーにも使いやすいというところや、ホカはクリフトンはいてて相性がよいことも決め手でした。

 

正直なところ、トレランシューズは、善し悪しもよく分からないので、まっさんのお薦めに思いっきり乗っかってみただけですけどね(^^)

 

これ履いて、今年の泉が岳トレイル走ってみたいなぁ。

 

 

 

そういえば、近所の焼き鳥屋さんでちょっとした衝撃がありまして。

 

昨日は、奥さんが出かけてたので、晩ご飯は、ムスメと焼き鳥デート。

f:id:kenchan-run:20220625235228j:image

ムスメはもちろんノンアルコールです

 

 

近所だけど、初めて入ったこじんまりしたお店。

 

そこで、長距離ファンには堪らない有名人のサインが!!

 

f:id:kenchan-run:20220625235224j:image

ぬおー!

福士選手、一山選手、安藤選手のワコール3人!!

(一山選手は資生堂に移籍しましたけど)

 

サインの日付がクイーンズ駅伝っぽかったので、

 

この店に来たんですか!?

 

と聞くと、実はそうではないらしい。

 

知り合いがワコールとコネがありもらえたとのことでした。

 

そりゃ、そうだよねー、クイーンズの前後に居酒屋に来るわけない!(笑)

 

でも、近所の焼き鳥屋さんにこの3人のサインがあるって、なんかちょっと嬉しくて、衝撃的でした。

 

 

おしまい。

わかり始めた My Revolution

 

どもどもー、僕でーす。

 

お久しぶりぶりぶり大根!

 

 

仙台ハーフマラソン事務局からこんなのが届きました。

 

46歳の部、5位!

 

年代じゃなくて、年齢1歳刻みで順位が出るレースって初めてかな?

 

ひとけた順位って初めてなので純粋に嬉しいです(^^)

 

コウさんは堂々の1位、ナコラマさんもひとけた順位だったようですね~。

 

素晴らしい~ \(^o^)/ 

 

ちっとは気が効くようになったじゃないか、仙台ハーフ!

 

 

 

さてさて、仙台ハーフが終わって、44日。

 

 

走ってないけど、ランニングのことはずっと考えてます。

 

今は、走らないことを楽しんでます。(^^)

 

 

走らなくなって、

 

「ランニングって、自由だな」

 

と思うようになりました。

 

GPSウォッチで距離やタイムを計ったり、目標に向けてメニューをこなしたりするだけがランニングではない。

 

 

僕はまだできないけど、目的も目標もなくのんびりジョギングするのもきっと楽しい。

 

走らなくても、ランニングに関わる楽しいことはたくさんあります。

 

日本選手権をテレビで見たり、

 

昨シーズンの大学駅伝を見返してみたり(1日1時間の楽しみ)、

 

走れるようになったらやってみたいことを色々考えたり、

 

走ってみたいレースを探したり、

 

フォームの研究をしてみたり、

 

筋トレやストレッチをやったり、

 

ラングッズをポチってみたり。

 

 

まあ、走ってなくてもランニングのことばかり考えてます(^^)

 

 

で、

 

今いちばん楽しいのが、ウォーキングです。

 

歩くのってこんなに楽しかったっけ?

 

それくらい、歩くのに夢中です。

 

 

週4くらいで、40分くらいですけどね。

 

ガーミンもつけません。

 

 

渡辺美里メドレーを聴きながらノリノリで歩いてます(^^)

 

ベタですけど、やっぱり、My Revolutionが最高ですよねー

 

高校生の時なんて、カラオケいくと女子がぜったい歌ってましたもんね~。

 

わかり始めた My Revolution
明日を乱すことさ
誰かに伝えたいよ
My Tears My Dreams 今すぐ

夢を追いかけるなら たやすく泣いちゃダメさ
君が教えてくれた
My Fears My Dreams 走り出せる

 

なんかちょっと重なる感じもするし、最後、「走り出せる」っていうのがいいですよね。

 

 

 

で、歩く時って、適当にタラタラ歩くんではなく、やはり、走ることを意識して歩きます。

 

歩くことを通して、ランニングフォームの研究や検証をしてます。

 

胸を開いて姿勢よく、骨盤を立て、肩甲骨をしっかり動かして歩く。

 

肘を曲げて腕振りすると肩甲骨を使いやすくなる!

 

その結果、どういうわけか、骨盤を立てやすくなって、重心を意識しやすいことを発見しました。

 

最初は、気づくと背中が丸まってたり、肩に力が入ってしまうことがあったんですけど、ジョジョにリラックスしてよい姿勢で歩ける時間が長くなってきました。

 

ウォーキングスキルが上がってきました。

 

これは確実に走ることの土台になっているな!

 

と感じます。

 

 

で、

 

この感覚で100mほど、ちょっとだけ走ってみたりします。

 

キロ10くらいの徒歩と同じペースなんですけど、すごくいい感じ。

 

まさに、My Revolution

 

 

以前、テレビで三浦龍司選手が超ゆっくりジョグしてるのを見ました。

三浦龍司の新着記事|アメーバブログ(アメブロ)

 

三浦選手、今いちばんフォームが綺麗な選手だと思います。

 

ゆっくりでもフォームがホントに美しい。

 

速い人って、ゆっくり走ってても

 

「この人ぜったい速いな」と分かるような

 

「ただならぬオーラ」

 

を放ってます。

 

 

僕も気持ちだけは「ただならぬオーラ」を纏い、よいフォームを意識して歩いたり、ちょこっとだけ走ってみたりしてます。

 

 

すれ違いざまのランナーに

 

「こやつ、できる!」

 

と思われることが目標です。(^^)

 

 

走れる時は「歩く練習」なんてしないですけど、走れないからこそできる取り組み。

 

結構楽しいし、この時間を大事にしたいと思います。

 

 

それではまた、ごきげんよう

 

 

 

しばらくはランおやすみ。

 

昨日、会社の年一回の試験が終わりまして、解放感でいっぱいです!

 

毎年、試験翌日は有給を取ることにしてます。

 

だって、普通に働くよりずっと疲れるし!

 

前日だって、勉強しなきゃいけないし、試験はまる1日だもんね。

 

なので、今日はお休みーー!!!

 

 

さあ、気持ちよく、走りに行くぜー!

 

 

といきたいところですが、そういうワケにもいきません。

 

 

仙台ハーフが終わって、2週間。

 

1ミリも走ってません。

 

ブログもちょっと距離を置いてました。

 

 

後脛骨筋腱の痛みを押して、長野マラソン、仙台ハーフを走った代償はそれなりにありまして。

 

しばらく走れなくなるだろうなと覚悟はしてたのでレースを走ったことの悔いは全くないです。

 

長野で、僕よりずっと走れる状態ではなかった ねぇさんや、ギックリ腰の直後だったHighさんが走るのを見て、考えさせれるものがありました。

 

これは、ハタから見たら、

 

「怪我してるなら走らなきゃいいのに」

 

案件だと思うんです。

 

 

決して狙ってるレースでもないし、タイムが狙えるワケでもない。

 

でも、このレースを、走りたい。

 

仲間と走りたい。

 

 

僕にとっての長野、仙台ハーフも同じです。

 

走りたいレースを走らずに、何のために練習してきたのか!ってことですね。

 

これは、走った本人しかわからないですね。

 

 

 

で、症状の方はというと。

 

仙台ハーフ走る前に、過去最高の痛みだったので、走って悪化しないわけはなく・・。

 

仙台ハーフのベスト更新に続いて、後脛骨筋腱の痛みも自己ベスト更新!ってとこです。(>_<)

 

最低1ヶ月は走れないと思ってますが、もしかして2ヶ月くらいかかるかもしれません。

 

だけど、最大の目標であるサブスリーを達成できたし、走りたいレースも走れてとても充実したシーズンをすごせた満足感があるので、焦りや不安はほとんどありません。

 

じっくり治すとします。(^^)

 

 

というわけで、せっかくのお休みをグータラ過ごすのももったいないので、本日は「湯治」です!

 

最近できた 「アクアイグニス仙台」 というところに行ってまいりました。

 

aquaignis-sendai.jp

 

 

f:id:kenchan-run:20220523163415j:image

 

ここは、温泉にも入れる複合施設なのです。

 

飲食店や産直のマルシェなんかもあります。

 

 

 

最近、カロリーを貯め込むばかりでちっとも体を動かしてないので、温泉に入る前に周辺をちょっと散歩しましょう。

 

 

f:id:kenchan-run:20220523163247j:image
f:id:kenchan-run:20220523163244j:image

 

ここら辺は、よく30キロ走で来てた荒浜エリアです。

 

今日は、時間も距離も測りません。

 

ランニングではなく、「のんびり散歩」で来ると、またいつもと違った気分。

 

花が綺麗だし、風が気持ちいいです。

 

気持ちよすぎて、つい走ってみたくなります(^_^;)

 

徒歩と同じペースで、ちょっとだけ走ってみました。

 

キロ10分くらい?

 

このペースで走るのも実はフォームの練習になるな、とか考えてしまいました(^_^;)

 

以前はこんなペースではうまく走れなかったけど、なんか走れそう。

 

復帰して走り始めはこんな感じで走ってみよう。

 

 

で、30~40分ほど歩いたらもう十分です。

 

 

さあ、お風呂です。

 

アクアイグニス仙台のHPより拝借。

 

新しい施設ということもあって、きれいで居心地もよかったです。

 

 

施設内に「猿田彦珈琲」というカフェがあったので、せっかくなのでアイスコーヒーを飲みました。

 

どら焼きと共に。
f:id:kenchan-run:20220523163241j:image

 

コーヒーは、酸味強めで僕はあまり好みではなかったかな(^_^;)

 

 

でも、この施設、ロング走の拠点にはいいかもなと思ったりもしました。

 

ここからスタートして、「ゆりあげ朝市」に行って魚貝を買い食いしたり、「かわまちテラス」でスイーツ買い食いしたり(食ってばっかり)、乗馬クラブの馬を見たりしながらLSDして、ここでお風呂入るなんてのもアリかなと思ったりしました。

 

なーんて、ランはお休みでも、ランのことばかり考えてしまいますね。(^_^;)

 

走れるようになったら、ちょびさんでも誘ってみようかと思います!

 

 

【レポ】仙台国際ハーフマラソン2022 ゴール後

 

僕は、仙台ハーフでとんどもない「化け物」を解き放ってしまったようです。

 


コウさんのブログ

runningrun.hatenablog.com

 

ちょびさんのブログ

chobi-chobi.hatenablog.com

 


二人のケタ外れのブログ戦闘力に圧倒されてます。(^^)

 

発想や表現力が常軌を逸してます(^_^;)

 

何かコメントしたいんだけど、どう書いても自分の言葉がチープに感じちゃうんですよね~。(僕だけですかね?)

 


いやー、でもこんな面白いブログが読めただけでも、仙台ハーフを走って本当によかったと思います!

 

そして、軽い気持ちではじめた「ドラクエ」設定にみなさんしっかり乗車して頂き、嬉しいし、楽しい(^^)

 


「勇者」らしく、はぐれみきゃんを仲間にできてよかったです。

(あ、僕は「勇者」の設定なのです! )

 


そして、

 

ハーフマラソンに1万円も払うのやだー」

 

と、ゴネるちょびさん に、

 

「てめえ、コラ!ちょび! コウさんとナコラマさんが来るかもしれないのに、まさか沿道で応援とか、さむいマネしないよな!?」

 

と首根っこつかんで、半強制的にエントリーさせてよかったです。(これはマジなハナシです)


「勇者」としての責務を全ういたしました!

 


ラソン走るだけじゃない。

 

何か面白い渦に巻き込まれる、それが仙台ハーフですw


来年も全国から仙台ハーフへのご参加を心よりお待ちしてます(*^^*)

 

 


では、仙台ハーフのレポ、今回でラストです!

(あ、僕のブログは普通ですヨ~!)


スタートまで

kenchan-run.hatenablog.com


レース編

kenchan-run.hatenablog.com

 

 

 

ゴールして、参加賞のタオルやスポドリを受け取ります。

 

多くのボランティアの方々がみなさん笑顔で労いの声をかけてくれます。

 

僕も笑顔で「ありがとう」を伝えます。


仙台ハーフって、参加賞なんかいつも代わり映えしないし、Tシャツもあんまカッコよくないし、もうちょっと考えろよーと、不満もあります。

 

でも、やっぱりレースに出て、美しい街並みを走って、沿道で応援されて、そして多くのボランティアさんに支えられて走っていることを実感すると、そういう不満は吹き飛んじゃいますね。

 

陣地へ向かう途中で、ナコラマさんと連れション。

 

僕は、走っている間に、尿意を飛ばす(バシルーラ)ことに成功しましたが、ナコラマさんは、レース中のカフェインもとれないほど我慢してたようです。


はやく整列している人は、スタートからみんな尿意を我慢しているってどうなの?と思いますね。

 

ラソン大会、永遠のテーマ。

 

この問題を解決したらノーベル賞あげてもいい。

 

 

 

荷物を受け取って、コウさんと合流。

 

うだうだ着替えつつ、おしゃべりしながらちょびさんを待ちます。

 

応援ナビで見るとゴールはしているハズですが、どこかで道草くってるのか、ちょびさんはなかなか現れません。

 

仕方あるまい、「遊び人」だから(笑)


というわけで、3人で先にアフター会場へ向かいます。
(会場を後にする直前にちょびさんとは出会えました)


仙台駅まで結局30分くらい歩き、お店に到着。

f:id:kenchan-run:20220514113340j:image

お店は仙台駅直結のビルの中にある「仙台キッチン」にて。

 

昼間は、明るく解放感がいい感じでした。

 

まずは3人でかんぱーい!!

 


ちょびさんが合流してもう一回かんぱーい。

f:id:kenchan-run:20220514113508j:image

 


ナコラマさんとコウさんから、お土産を頂きました(*^^*)

f:id:kenchan-run:20220514113540j:image
f:id:kenchan-run:20220514113543j:image

 

どれも、大変おいしゅうございました。(岸朝子

 

母恵夢(ぽえむ)は、福島のままどーる と似ていて美味し!

 

ナコラマさん、コウさん、ありがとうございました!

 

仙台土産はとくに用意しておらず、気の利かない仙台の2人でした(^^;)

 

スミマセン・・。

 


それにしても、楽しい時間はあっちゅー間!

 

レースのこととか、ブログのこととか、部活のこととか(笑)、色々話せて楽しかったです。

 



あえて会話していなくても、


遠くに住んでいてめったに会えなくても、

 

走りのレベルが全然違っても、

 

お互いブログをやっていたからこそ、色々な気持ちを共有できてるんだなーと感じました。

 

みんなびっくりするくらい、昔の記事とか細かい描写を覚えててビビります。

 

 

それに、あうんの呼吸で「悪フザケ」できますもん。

 

オジサンの青春(^^)

 


でも、まだまだ話したりないから、続きはまたどこかでしたいな~。

 

 

これにて「仙台ハーフ2022」のレポは終了です。

 


リセットボタンを押しながら電源を切るとします。

 

 

来年。

 

ふっかつのじゅもん」で何が起きるのか?

 

「ちゅー ちゅー ぺろ  ぺろ  にぃ ぜろ にぃ さん 」

 

おしまい。

 

 

【レポ】仙台国際ハーフマラソン2022 レース編

 

仙台国際ハーフマラソン2022 のレース編です。

 

スタートまではこちら。

kenchan-run.hatenablog.com

 

 

10:05 号砲!

 

まず、コース全体と高低差です。

 

スタート ~5km まで

 

序盤5kmは、上り基調。27mほど登らされます。

 

ガーミンのラップ 

4:35 - 4:13 - 4:10 - 4:08 -4:07

 

僕はBブロックで、ブロック内ではかなり前の方に並んでいましたが、その前のSブロック(エリート)、A1, A2ブロック(登録の部)のランナーの後ろです。

 

スタートは20秒ロス。

 

人数も4000人だし、第1ウェーブだし、そこまで渋滞はないでしょと思ってたら、甘かった!

 

僕らの前のA2ブロックは、ハーフの持ちタイム 男性 1:40、女性1:50でOKらしかったので、そりゃあ渋滞するよなぁという感じです。

 

久しぶりに思い出すこのシティマラソンの渋滞!

 

仕方ない、昨年、陸連登録を忘れた自分が悪いのだ!

(今年は登録したので、このレースは公認記録になります)

 

ラップペースを見ると、4' 50/km くらい。

 

いくらなんでも遅すぎるので、仕方なく、ジグザグとランナーを交わしながらペースを上げます。

 

しかし、最初の1km が  4分35秒 (~_~;)

 

最初の5kmは上り基調なので、4'10/km くらいを刻めればいいかなと思ってましたが、いきなり出鼻をくじかれます。

 

 

その後、次々とスライドする有名なエリート選手の集団を見て、テンションUP!

 

そして、すぐにコウさんともスライド。

 

さすが、速い。すでに単独走・・・。

 

 

卸町で折り返して、2キロすぎくらいから、やっと410 ペースに落ち着きます。

 

上り基調ですが序盤で元気なのであまり気になりません。

 

 

4キロすぎ。

 

奥さんとそのお友だちを発見!

 

僕の奥さん、僕のマラソンに理解はありますけど、特に自分から応援に行くとは言いいません。

 

だから、僕も応援に来いとも言いません。

 

しかし、ママ友さんに誘われたから行くよと(笑)

 

 

奥さんに動画撮ってもらいました。(←これはお願いしました)

 

ママ友さんは「けんちゃん」ボードを掲げてくれてたので嬉しかったです(^^)

 

 

5~10km まで

 


 

ガーミンのラップ 

4:06 - 4:06 - 4:02 - 4:04 -4:08

 

5km地点の給水のタイミングで、カフェインを1錠摂取!

 

ここからは キロ 405くらいでいきたい。

 

足は今のところまだ大丈夫。走れる。

 

しかし、序盤の上りをそこそこのペースで走ってきているので、疲労感が・・

 

単独で走るとペースの維持がキツそうなので、同じくらいのペースで走っているネイビーシャツのお兄ちゃんにしばらくついていくことにします。

 

 

東二番町通りから青葉通りへ。

 

青葉通りの気持ちよさより、キツさの方が先に来る。

 

8キロくらいでやっぱりキツいなと思ってペースを見るとほぼキロ4。

 

これは、ペースが合わないかもと思い、ネイビーシャツについていくことは断念します。

 

しかし、いいペースで走れてると感じます。

 

 

西公園から定禅寺通りにかけてはまたスライド。

 

トップ選手とはスライドできませんでしたが、コウさんとはギリギリスライドできました。

 

すげー、10キロしか走ってないのに、もう1.5キロくらい離されてるよ・・。

 

「ファイトー!」と声掛けすると、

 

コウさん、僕に向かって何か言ってます。

 

しかし、残念、聞き取れず。

(コウさんの声は小さいので、ほぼ聞こえません)

 

 

そして、定禅寺通りに入ると目の前に新緑の木々が広がります。

 

く〜、この景色!

 

大会ホームページの写真

 

久しぶりに帰ってきたーー!!

 

そんな感情がどっと押し寄せ、なんだか元気になってきます。

 

例年いる和太鼓とか踊ってる人たちはいませんけど、静かな新緑の中を走るのもまたいいです。

 

 

10~15km まで

 


 

ガーミンのラップ 

4:04 - 4:00 - 3:59 - 3:59 -4:03

 

10キロ過ぎてすぐ。

 

大迫選手、登場!!

 

お立ち台でランナーに声をかけてます。

 

コウさんが、僕に伝えたかったのは、これか!

(この時はそう思いましたが、コウさんは大迫選手を発見できなかったとのこと、あれは何を伝えたかったのか・・)

 

大迫さーーん!!

 

と声をかけると、しっかり目が合い、嬉しくなる(^^)。

 

 

その後は、定禅寺通りに別れを告げ、また青葉通りへ。

 

フラットもしくはやや下り基調となり、体が軽く感じます。

 

ラップを見ると、おおっ!キロ4前後。

 

この体感、出力でキロ4は今までにない感覚です。

 

 

そして、青葉通りの真ん中くらいで、前方にナコラマさん発見!!

 

嬉しくなって、もっと出力をあげたくなりましたが、冷静に時間をかけてじっくり間を詰めましょう。

 

 

東二番町通りに出ると今度は、Qちゃん(高橋尚子さん)が。

 

そういえば、いつもここでハイタッチしてたなぁと思い出します。

 

さすがに今はハイタッチなし!

 

ボディタッチもなし(笑)

 

 

そのかわり、

 

僕「Qちゃん、長野ぶり!!」

 

Q「えー、長野もー!?すごい〜」

 

という掛け合いを楽しむ(^^)

 

 

さらに元気が出たところで、給水。

 

そして、カフェインを2錠口に入れる。

 

一気に2錠は初。

 

バイキルト〜!!

 

18キロ地点くらいのブースト効果に期待だ!

 

 

そして!

 

13.5km地点くらいで、ようやくナコラマさんに追いつきます。

 

ナコラマさん、びっくり!

 

僕もびっくり!

 

だって、スタート前は足痛いとか完走できるか不安とか散々後ろ向きなこと言ってましたから。

 

「一緒にいきましょー!!」

 

そこからはしばらく並走します。

 

足は気にすれば痛いけど、気分が高揚してアドレナリンがでまくっているせいか、気になりません。

 

 

新寺通りに入って、序盤で登ってきたところを今度は下ります。

 

ペースはキロ4前後を維持。

 

さすがに心拍数が上がってきて(あとから見たら平均心拍は190くらいでした)、ゼーハーゼーハー言います。

 

ナコラマさんも

 

「ハオッゥ!!!」

 

という謎の大きな呼吸法を繰り出し、僕ら2人のオジサンは誰よりもうるさく新寺通りを疾走します。

 

キツいけど、最高の気分。

 

このナコラマさんとの並走、ほんと楽しかったなぁ~。

 

 

15km ~ゴール まで

 


 

ガーミンのラップペース 

3:59 - 4:16 - 4:09 - 4:01 - 4:04 - 4:02 - 3:37 

 

新寺通りに別れを告げ、競技場方面へ。

 

女子で1位を走る、前田穂南 選手とスライドします。

 

ナコラマさんは 「ファイトッ」と大きな声をかけて、自ら気合いを入れてます。

 

競技場の目の前を通り、そのままゴール!といきたいところですが、榴岡方面へ逆走し、ラスボス(上り坂)が立ちはだかります。

 

これは、バラモスだな!!

 

終盤のこの上りはキツい!!

 

でも、弱気にはなるものか!!と気合いを入れ直します。

 

この上りでペースが落ちないように、練習していた走り方でぐいぐい走る。

 

なんとか踏ん張ってこのあたりは、4'16/kmでカバー。

 

 

ふと、足のことを思い出す。

 

あと、5kmくらいなら、このままイケる。

 

もう大丈夫だ!

 

 

果物屋さん「いたがき」がある 17.6km地点の折り返し。

 

僕の会社がすぐそばにある。

 

3年前のこの日は仕事。4年前も、5年前もだ。

 

仕事の休み時間にビルの窓からランナーがたくさん見えてうらやましかった。

 

そんなことを思い出しながら、折り返し。

 

 

ふと、ずっと真後ろにいると思ってたナコラマさんがいないことに気づく。

 

スライドで見つけたナコラマさん、かなりキツそうに見えたけど、しっかり声出してエール交換。

 

 

18.5キロくらいで、また奥さん&ママ友さんの応援。

 

もうキツいけど、超余裕あるようにはしゃいで見せます。

うぇーーーい!!

f:id:kenchan-run:20220510204943p:image

f:id:kenchan-run:20220510204950p:image
f:id:kenchan-run:20220510204958p:image

 

そして20キロ付近で、ラン友のSさんの応援も。

 

これは、予告なしでびっくり!本当に嬉しかったです!!

Sさんに撮ってもらった写真。

 

 

とうとう、ラスト1キロ。

 

時計を見ると、1時間23分台。

 

1時間27分台は確実。

 

でも、誰にも言ってない(言えない)超裏目標26分台はかなり難しいと分かります。

 

陸上競技場に入る直前、とっくにゴールしたコウさんがスマホ片手にエールを送ってくれます。

 

スマホを持ってるってことは荷物も受け取ってる。どんだけ速いの!!

 

 

待ちに待った、陸上競技場。

 

青いタータンをちょっと頑張って走る。

 

最後の200mはラストスパート!!

 

GOAL!!

 

 

そのままナコラマさんのゴールを待って、一緒にぱしゃり。

 

 

いやー、最っっっ高に楽しかったなー!!

 

 

長くなりすぎました。

つづく。

 

 

【レポ】仙台国際ハーフマラソン2022 スタートまで

 

ゴールデンウィーク最後の大イベント、仙台国際ハーフ2022が終わって、「祭りのあと」感がハンパないです。

 

もう、本当に楽しかった。

 

楽しすぎました!

 

長野も楽しかったですけど、また違った楽しさがありましたね。

 

何よりも、いいレースができたってこと、仲間が地元仙台に来てくれたってことが大きいです。

 

しばらく仙台ハーフロスになりそう・・。(^_^;)

 

 

まずは、レースの結果から。

 

f:id:kenchan-run:20220509124328j:image

ハーフのPBが出せました!

 

ラップ

f:id:kenchan-run:20220509124347j:image
f:id:kenchan-run:20220509124343j:image

 

今のコンディションで最高のパフォーマンスができる前提で考えた玉砕覚悟のペース計画。

 

その通りにいけた!!

 

正直、自分でもびっくりしてます(^^)

 

 

終わってみれば、「めでたしめでたし」でしたが、走る前は完走自体できるのか本当に不安だったんです。

 

そんなことも含め、振り返っていきます!

 

 

前夜。

 

23時には就寝し、夜2時くらいに、尿意で目が覚めます。

 

そこで、足に 激痛 が。

 

最近、後頸骨筋腱が痛いということは、ブログでも何度か書いてたのですが、このとき感じたのは、過去最高の痛みでした。

 

僕の場合ですけど、寝ている間、足を動かさなくて血流が悪いからなのか、朝起きた時の痛みが最も強いんです。

 

で、起きた後、歩いたり足を動かしていくとちょっとずつ痛みが緩和してくる感じ。

 

 

それでも寝る前に湿布を貼ると、朝起きた時少しマシな感じです。

 

しかし、その湿布を貼るのを忘れてまして。(~_~;)

 

布団に入ってから忘れたことに気づいたんですが、寝れなくなるとイヤだなーと思ったでそのまま寝たんです。

 

そしたら、夜中の激痛ですよ・・。

 

痛くて足をついてトイレに向かえない。

 

これ、マジで走れないやつなんじゃないか・・(~_~;)

 

慌てて夜中に湿布張りました。

 

朝起きて、痛みは夜中よりやわらいでましたが、ハーフなんて走れるのか?

 

不安でたまりませんでしたね。

 

 

そんな朝。6時起床。

 

朝食は、ごはん、納豆、明太子、めかぶのお味噌汁。

 

そして、モルテンDrink MIXをちびちびと飲み始めます。

 

フルマラソンではないので、モルテンもったいないかなと思ったんですが、水分補給も兼ねるのでいいかと、飲むことにしました。

 

痛み止めとしてロキソニンもキメます。(もはや、ヤク中)

 

 

自宅を7時半出発。歩いて会場へ。

 

足の痛みは感じつつも、普通には歩けます。

 

朝起きた時よりはマシな感じです。

 

 

会場着は、7時50分ころ。

 

検温を経て、事前にスマホアプリで記録していた問診や検温記録の結果を提示して入場します。(前日に抗原検査した結果もこのアプリにアップロードしています)

 

 

受付をパスし、陣地へ。

 

すると、なんと、告知していた陣地の場所が、女子トイレの整列の入り口であることが発覚!

 

こりゃー、だめだ!

 

近い場所に変更したことを伝えたかったですが、こんなときに限ってLINEが通信障害??

 

周りをキョロキョロしていると、ブログで見たオレンジ色のシャツのランナーを発見!

 

これは、もしや??

 

はぐれみきゃん、キターーーーーー!!

 

愛媛からはるばる仙台へ!

 

ようこそ、コウさん!!

 

 

ブログでは長いおつきあいをさせてもらってますが、リアルでは初めまして。

 

ようやくお会いできて、むちゃ嬉しかったです。(*^_^*)

 

 

その後、ナコラマさん、だいぶ遅れて ちょびさんも合流。

 

ちょびさんったら、なんとシューズ忘れて一度家に戻ったんですって。ぷぷっ(笑)

 

かつて、箱根駅伝で服部勇馬選手がシューズを忘れてきたという逸話がありましたが、もはやそのレベルですね。いよっ、大物!(^^)

 

 

というわけで、晴れて最強のパーティー結成!!

注:LVは、走力ではなく年齢です。
なお、ナコラマさんの年齢が52じゃなく51だとクレームを受けましたのでお詫びして訂正します。
HPはこのときの推定走力、MPは爆発力?「なんかやってくれそう感」をイメージ。

 

 

たった4人だけど、シューズ円陣!

f:id:kenchan-run:20220509184245j:image

バラモス倒すぞ!えいえいおー!!

 

 

案の定、皆さんアップはしないとのことなので、僕だけセカセカとアップしに行きます。(レース前にアップをするはてブロの人をほとんど見たことがない!なぜなんだ!)

 

1キロジョグって、ドリル&ダッシュを3本ほど。

 

うーん、まあ足の痛みは気にはなるが、走れることは走れる。

 

これは、練習でもそうだった。

 

問題は、レースペースで21キロを走り切れるのかどうか・・。

 

 

 

陣地に戻って、みんなと合流、荷物を預け、早めにスタートブロックへ向かいます。

 

 

普段レースではスマホは持たないんですが、今回ばかりは持ちました。

 

本当に途中で走れなくなる可能性があると思ったので、

 

走れなくなったときに、

 

・キャッシュレス決済でタクシーで帰りたい。

・ゴールが遅れることを仲間に伝えられる。

・沿道で応援してくれる奥さんに伝えられる。

 

ということを考慮しての判断です。

 

でも、スマホあるとスタートまでの待ち時間に写真撮ったりりできてよかったですね。(^^)

 

スタートブロックの様子。

f:id:kenchan-run:20220509184453j:image

みんな、お行儀よーく座って並んでます。

 

割り込み絶対許さねーからな!フインキが立ち込めてます!

 

 

当然ですが、トップ選手はギリギリまでアップをしていて、まだ並んでません。

f:id:kenchan-run:20220509184808j:image

前田穂南 選手

 

他にも地元出身の村山謙太選手やら大吉さんの推しランナー高久選手も見ました。

 

 

僕ら一般ランナーは、並ぶ時間が早くて、待機している間に尿意がまた・・。

 

 

そんなこんなで、

 

10:05 号砲!

 

 

つづく。

 

 

 

仙台ハーフの陣地など


いよいよ、5/8 は仙台ハーフマラソンです。


僕としては、もう長野マラソンでシーズンはひと段落しました。

 

よって、この地元を走る仙台ハーフは、正直お祭り感覚です。(^^)

 


以前参加したのは、遠い昔。

 

調べてみたら、なんと6年前でした!

 

その時のタイムは、1時間36分。

 

これを見ると、さすがに我ながら成長を感じますね(^^)


それ以降は、仕事でずーっと参加できず、直近2年間は中止ですからね。

 

2年前、僕が勝手に「オンライン仙台ハーフ」やるって呼びかけて、その時仙台ハーフを走る予定だったみなさんと同じ時間に走って、その後の打ち上げもやりましたね~

kenchan-run.hatenablog.com

 

なんか、やっとリアルで参加できるなーと感慨深いものがあります(^^)

 

 

今回はブログ仲間でエントリーしている方は少なそうですが、風の噂では、あの方が走るとか走らないとか!?

 

そのお方ははるか遠くに住んでいるため、リアルでは同じレースを走ったことはありません。(しかし、前述のオンライン仙台ハーフの覇者!)

 

しかし、仮に同じレースを参加したとしても、気づいた時にはいなくなってしまうという神出鬼没ランナー。

 

僕は、この方と出会うことができるのでしょうか!?

※ LVは、年齢です。

 

はぐれみきゃんには3人かかっても走力では敵いそうにありませんが、逃がさないように追いかけたいと思います!

 

 


というわけで(?)、僕が当日、陣地をはろうと思う場所を勝手に告知。

 


この辺にしようと思います。

 

マップのレイアウトが大雑把すぎて、分かりにくいので、

 

この駐車場のほぼど真ん中に位置するゲートのある付近ということにしたいと思います。

この日は、楽天の試合があったので車がとまっていますが、当日は車はいません。

 

 

9:15~9:40が第1ウェーブの集合時間なので、8時すぎには到着しているかな?

 

受付の検温やら体調チェックの確認など、会場入りするのにも時間がかかりそうなので、余裕をもって行動しようと思います。

 


お会いできそうな方、当日よろしくお願いします!

 



今回の戦闘服。

 

今回は、Beyondで買ったノースリ。

 

そして、HALOのヘッドバンドと初モノづくしで。

 

 

僕、風で飛ばされるのが気になって、レースではキャップを被りません。

 

今までは、汗どめ目的もあって、サンバイザーをつけてたんですが、今回は大吉さんの真似してヘッドバンドにトライしてみます。

 

トレイルしてる人って、ヘッドバンドしてる人多いですよね。

 

上田瑠偉さんのヘッドバンド姿もカッコいいですもんね~。

 

 

 

最後に、最近の練習でも。

 

まず、4月の走行距離

f:id:kenchan-run:20220502121803j:image

 

長野マラソン前後のテーパリング&ランオフで300kmいきませんでした。

 

 

 

仙台ハーフ前の最後のポイントらしい練習。

 

3km×4(R=3')

疾走区間はキロ4で。

 

シューズはVFN%

f:id:kenchan-run:20220501124629j:image

 

ラクではなかったですが、何とか完遂(^^)

 

走りのパフォーマンスはよくなってますが、後頸骨筋腱は相変わらず痛いです(~_~;)。

 

ここからは、当日までジョグで繋いでいきたいと思います。

 

 

さて、当日はどんなペースでいこうかな。

 

直前まで悩みたいと思います。

 

 

 

 

 

食欲解放と仙台ハーフへ向けて

長野マラソンが終わって、食欲解放〜\(^o^)/


節制期間が明けたらやってみたいなと思ってたことの一つ。

 

丸亀製麺
うどんに野菜かき揚げと温玉のっけて、天ぷら盛りだくさんの天丼。

f:id:kenchan-run:20220428165113j:image


丸亀って安いはずなのに、これで1400円もかかっちゃった!(笑)


野菜かき揚げって、カロリーモンスター( 667Kcal!!)なんで、普段からめったに食わないんですが、食欲解放記念なのでいいよね(*^^*)

 

これが、ぶっかけうどんとの相性抜群なんですよね~。

 

玉ねぎが甘くておいしかったです。


でも、さすがに天ぷら多すぎて胸焼けしたんで、「もういいや」と思いました。

 

総カロリー2000kcalを超えてましたが(^_^;)、

「もういいや」と思えることが大事です。

 

 

さて、このまま、食事も我慢せず、ランもゆるゆるモードに移行したいところですが、そうはいきません。


なぜなら!

 

5/8に仙台ハーフマラソンがあります!

あと10日です。


仙台では、テレビCMや交通規制の看板がいたるところに出現しています。


で、

 

僕が走っていることを知っている人からは、よく聞かれます。


「マラソン、走るの?」


「はい、走りますね」


「順位は、何位をねらうの?」


「いやー、順位はあまりこだわってないんですけど・・」

 

順位を聞かれるけど、答えられないっていうランナーあるある・・・


で、タイムとか言ってもあまりピンとこないっていう・・

 

それにしても、

長野マラソンを走って、なんかコンディションが上がってきた感じがあります。

 

昨年もそうでしたが、フルマラソンを1回走って、適切に休めば、その後グっとパワーアップする感覚があります。


実際、ランオフかなり多め、走っても短くて遅いジョグだけにしたところ、昨日走ったときの感覚がとてもよくて、心肺がとにかく楽でした。

 

そういうときって、ガーミンのVO2MAXもやはり上がります。

 

2,3週間後にフルマラソンを走れば、もっとタイムがよくなるだろう予感。
(走らないけど)


で、

 

昨日は仙台ハーフに向けて刺激入れ。

 

久しぶりに インターバル 1km×5をやりましょうかね。


シューズは Adizero Japan 6

 

結果

f:id:kenchan-run:20220428165347j:imagef:id:kenchan-run:20220428165353j:image

 

とりあえず、3'55/kmくらいでいいや、と思って始めたので、満足な結果です。ヴェイパーならもうちょっとイケるでしょうし。

 


しかし、楽観できない要素もありまして・・


後脛骨筋腱の痛みがまた・・。(-_-;)


白状すると、長野マラソン前から痛かったんですが、長野マラソンを経てさらに悪化しまして。

 

痛みレベルは、ここ最近ではかなり強め・・(-_-;)

 

でもまあ、まだ走れるし。

 

以前なら、走るのやめてましたけど、後脛骨筋腱の痛みとは長い付き合いですし、最近は、違和感や痛みがあっても、その都度ケアやフォームの見直しで乗り越えてきています。


今回上手くいくかはわかりませんが、走りながら様子を見ていこうと思います。


とりあえず、仙台ハーフが終わるまではこのままいっちゃおうかと思ってます。


フルマラソンじゃないので、ロングをしなくていいのが救い・・。

 

次のブログでは、仙台ハーフの陣地とか書いてみましょうかね。

 

【レポ】長野マラソン③ レース終盤~アフター



長野マラソンのレポ その③ 最終回です。

 

レース終盤からアフターまで。

 

レポ①

kenchan-run.hatenablog.com

 

レポ②

kenchan-run.hatenablog.com

 

30~35km

ガーミンのラップ 

4'32 - 4'34 - 4'40 - 4'42 - 4'40

 

30キロ地点で家族の応援を受け、元気になるかと思いきや!

 

ぐっとペースダウン(~_~;)

 

家族のいるところまでは何とか粘ろうと思ってたのがよくなかった。

 

家族の応援の後は気が少し抜けて、ペースの落ち込みを止められません。

 

 

そんな中、前方に見覚えのあるピンクのシャツが!

 

 

ま、まさか!

 

りるさん!?

 

りるさんは、この長野マラソンサブスリー達成すると思ってました。

 

でも、あまりそのことを言いすぎると、プレッシャーをかけてしまうかな?も思い、レース前から当日にかけても、あまりそのことは言いませんでした。

 

言いはしませんけど、スタート前、りるさんにその思いを込めてグータッチ。(グーパンチではない)

 

ぜったい、サブスリーできますように。

(もはや、自分はどうでもよかったのです・・)

 

ゴール後、りるさんを祝福したいと思ってたので、ここで出会ってしまったのはかなりショック!

 

 

りるさんに追いつくと、どうやら足を攣っている模様。

 

少し並走して会話をしても、元気がなさそうです。

 

気温が上がってるし、脱水気味だったかも・・・。

 

「無理しないで!ファイトです!!」

 

と言って先に行かせてもらいます。

 

 

32キロ地点あたり

 

高速道路下のトンネルをくぐると、小学生か中学生くらい?の応援グループがいました。

 

遠くから見ても異様にテンションが高く、なんだか面白そうな予感がします。(^^)

 

近くまで行くと、みんな元気よく声援を送ってくれたので、僕もそれに応えてガッツポーズで「ありがとう!!」と叫びます。

 

すると、みんな狂喜乱舞ってくらい大盛り上がりで(笑)

 

「応援を楽しむ」

 

競技者だけでなく、ボランティアや応援も同じように楽しむことができるっていうのはまさに市民スポーツの理想形ですよね。

 

長野マラソンではその姿を見れた気がします。

 

 

そこから、河川敷を走りますが、本当に景色が綺麗。

 

青空が広がり、目の前には、雪が残る北アルプスの山々が連なっていています。

 

キツいけど景色には本当に癒されます。

(そんなことを書いてる応援ボードを持ってた人もいました)

 

 

34キロ地点あたり

 

バンド演奏が聞こえてきました。

 

どうやら、長野マラソンの公式テーマソングを歌っているの Canadian Club というバンドのようです。(ごめんなさい、よく知らなくて)

 

演奏で元気をもらえたので、バンドの方々に向けてガッツポーズをすると、演奏しながらも僕の方を見て頷いてしっかり反応してくれました。

 

ずっと演奏してくれてるんだなと思うと、なんだか感極まってきました。

 

泣きそう、いや・・、泣きました。

 

今まで知りませんでしたが、走りながら泣くと過呼吸になります。

 

これは、かなりヤバかったです(^_^;)

 

 

そんな感じで、最高の景色と応援にパワーをもらって、キツいながらも進んでいきます。

 

 

35~40km

ガーミンのラップ 

4'43 - 4'44 - 4'46 - 4'49 - 4'42

 

35キロ以降は、橋を渡って、河川敷の逆側を走ります。

 

ここも菜の花と桃の花が咲き誇って本当に景色最高!!

 

この景色をみんなに見せたい。

 

家族にもラン仲間にもみんなに見てもらいたい。

 

それくらい綺麗でした。

 

 

しかし、景色とは裏腹に、風が結構あってキツい!!

 

周りのランナーも終盤のこの風でペースダウンしているのが分かります。

 

ペースは、4分40秒台を維持するので精一杯。

 

油断すると、キロ5まで落ちちゃいそうです。

 

くそー、負けるもんかー!!

 

 

 

そんな折、歩いているHighさんを発見!!

 

「Highさーーん、どうしたんすかーーー!!?」

 

と声掛けると、笑いながら

 

「もうだめだー」と。

 

思えば2日前にギックリ腰をやってて、DNSしても不思議じゃないのに、ここまで走れるだけで凄いよね。

 

Highさんをパスして、風に抗いながら必死で前に進みます。

 

 

そして、このあたりから、悪いクセが出て、アゴがあがってきます。

 

ダメになると、どうしてもアゴが上がってしまい、元に戻せないんですよね。

 

Beyondのときはアゴが上がらなかったけど、撃沈しているレースでは間違いなく最後はアゴが上がってます。

 

 

もうキツいので、周りのランナーにも声掛け作戦 開始!

 

じぇーてぃーさんが途中までストーキングしてた一緒に走ってた、さとるっちシャツを着てる女性ランナーを発見。

 

「さとるっち、ファイト~!」

 

と声をかけると、

 

「がんばりましょー」

 

と笑顔で返してもらいます。

 

 

こうやって、ちょっとずつ元気を補給しつつ、必死に足を動かして、堤防道路に別れを告げます。

 

 

40km~ゴール

ガーミンのラップペース

4'42 - 4'42 - 4'31

 

ゴールの長野オリンピックスタジアムまでは、幅の広い直線道路。

 

ラスト2キロで時計を見ると、残りをキロ5で走っちゃうと、ギリギリ3時間10分切れない計算。

 

これは、マズい!

 

10分を切れないとは全く思ってなかったので、急に危機感を感じます。

 

絶対に10分は切らねばならない。

 

3年前に走ったつくばマラソンとほとんど同じ展開だなと思いつつ、我慢してペースを維持。

 

ゴールに近づくにつれ、応援も多くなってきた。

 

応援が嬉しいけど、余裕がなさ過ぎて、それに応えることもできない。

 

 

うぉおおー、とにかく必死に4分40秒台をキープだ!

 

 

オリンピックスタジアムの敷地に入ると残りもうわずか。

 

10分はさすがに切れそうだ。

 

そして、スタジアムの中に入ると、そこはふかふかの人工芝。

 

なんだこれ!? 超絶走りにくいぞ!

 

足が攣りそうな気配におびえながらラストスパート!

 

ゴール!!

 


やっと終わったー。

 

目標としていた3時間5分には遠く及びませんでしたが、何とか10分切りは死守。

 

ゴール後は、移動しながら完走メダルやタオルをもらい、ボランティアの方々から声をかけてもらいます。

 

お疲れ様でしたー

 

ありがとうございましたー

 

もう何度でも言いたいです。

 

ありがとございましたと。

 

 

その後、ぶらざーさん、ナコラマさんを見つけ、合流。

 

その後も、みなさん続々と合流し、健闘を讃えあいました。

 

 

そして!

 

ここからは、楽しみにしていたアフターです(^^)

 

参加賞のおにぎりで軽く腹ごしらえをし、High先生が手配してくれたアフター会場へ移動します。

 

Highさん、何から何までありがとうございました(^^)

 

長野駅行きのシャトルバスは混んでて時間がかかるという前情報だったので、最寄りの篠ノ井駅行きのシャトルを選択。

 

そこから、JRで長野駅へ向かいます。

 

しかし、篠ノ井駅では電車の待ち時間がそれなりにあったので、これがベストな選択だったかは・・?

 

そしてワタクシ、途中、切符を紛失するという失態をかましてしまいました(^_^;)。

(いい大人が恥ずかしい)

 

 

アフターは、とし姉さん、ナコラマさん、りるさん、Highさん と5人で。

このビールを楽しみに走ってたと言っても過言ではない!

 

これまでの節制生活を思うと、解放感でいっぱいです!

 

 

すごいの出てきました。

オニオンリングタワー。

 

 

スイーツはひとり1個ずつ注文してました。

 

スイーツを食べてるときに、なんと、ねぇさんが合流してくれました。

 

ご家族が外で待っているということだったので、短時間でしたけど来てくれて嬉しかったです。

 

 

自宅に戻ってすぐにまた晩ご飯だったので、腹がパンパンになりました(^_^;)

 

 

そして夜。

 

長野マラソンのゴールシーンが地元のケーブルテレビで放送されていました。

 

僕のゴールシーンはその映像から切り取ったものです。

 

ビビるのが、1位からビリまで完走者全員分ノーカットで映ってました。

 

翌日の新聞にも参加者全員のタイム載ってたし、

 

おそるべし!!長野市における長野マラソンの力の入れ具合。

 

おかげで、知っている人のゴールシーンはすべて見れました。(^^)

 

 

中でも印象的だったのは とし姉 のゴールシーンです。

 

とし姉は、今回もサブスリー達成。

 

サブスリー職人と言われるくらい、毎回しっかりサブスリーを達成していて、さぞ安定してそれほど苦もなく達成しているのかと思いきや、実はそうではありません。

 

アフターのときに話を聞きましたが、途中何度も諦めそうになりながらも、ペーサーに必死に食らいついて、すべてを出し切ったとのことでした。

 

そのゴール後の姿。

ずっとこのまま数分間動くことができない様子を見て、本当に最後まで諦めず出し切ったことが分かりました。

 

僕も今できる精一杯は尽くしたつもりでしたが、この映像を見ると、自分はこれほど出し切ってはいないなと思います。

 

次のフルマラソンでは、しっかり出しつくせるように練習を積み上げていきたいなと思います!

 

 

長野マラソン

 

久しぶりの公道を走るフルマラソンのレースは、景色も応援も最高でした。

 

来年もまたあの景色を見たいです。

 

 

おしまい。

 

 

 

【レポ】長野マラソン② レース中盤

 

長野マラソンのレポ その②です。

 

レポ①はこちら。

kenchan-run.hatenablog.com

 

5~10km

ガーミンのラップ 

4'31 - 4'16 - 4'22 - 4'19 - 4'19

 

 

5キロを過ぎて、給水手前でカフェインの1錠目を投入!

 

6キロ地点のコース最高地点である善光寺前の大門交差点まで約300mをダラダラ登ります。

 

 

善光寺には父が眠っています。

 

小学生の時、父には毎朝ランニングを課せられていました。

 

そのせいか、学校の中ではマラソンは速いほうではありましたが、当時はマラソンなんて大嫌いで。

 

他の子は走ってないのに、なぜ我が家だけ毎朝走らなきゃいけないのか?
(弟も妹も一緒に走ってました)

 

今思えば、健康や鍛練のためとか、父なりに考えがあってのことだったんだと思います。

 

そんな父のことを懐かしく思い出します。

 

 

見ててくれ。

 

 

善光寺に向かって拳を高く上げ、大門交差点を左折します。

 

 

そこから、善光寺から長野駅へつづく石畳の道。

 

 

ここ、長野マラソンで一番走ってみたかったところです。

長野マラソン公式サイトより

 

 

ペースの上げすぎに注意しながら、気持ちよーく下っていきます。

 

 

10~15km

ガーミンのラップ 

4'48 - 4'16 - 4'17 - 4'23 - 4'19

 

 

実は、スタート前からじゃっかん尿意を我慢してました。

 

スタート前はカフェインも取ってないし、トイレも直前に行ったのにな~。(^_^;)

 

 

で、

 

10キロ地点のビッグハットにある仮設トイレが目に入り、誰も並んでなさそうなので、トイレに行くことを決断!

 

レースでトイレに行ったのなんて、たぶん5年ぶりくらいかも。

 

30秒ほどロスしちゃったけど、なんだかスッキリして、そこから快調に走れてます。

 

 

12キロ付近。

 

ピンクのはてブロTを着たじぇいてぃーさんに追いつき、お声がけし、パスさせてもらいます。

 

 

 

14キロ付近。

 

Qちゃんこと、高橋尚子さんが、ランナーに声掛けしてくれていました。

 

いつもなら、ハイタッチですが、ご時世なので、ちょっと遠いところからの声がけです。

 

僕がそこを通った時は、前後にランナーがおらず単独だったので、

 

「Qちゃーーーん!!」

 

とオーバーアクションで猛アピールし、Qちゃんとの掛け合いを独り占めできました。(^^)

 

 

15~20km

ガーミンのラップ 

4'13 - 4'18 - 4'20 - 4'22 - 4'30

 

15キロ地点で、予定通り、アスリチューンのオレンジゼリーを摂取します。

 

 

それにしても、今日は本当に体の動きがいい。

 

いつもやりたいけどなかなかうまくできないフォームがなぜか簡単にできてます。

 

コンディションを合わせて臨むレース本番だからこそ味わえるこの感覚。

 

ナコラマさんの言う「無敵感」ですかね(^^)。

 

 

この区間は、エムウェーブまでの道を往復するスライド区間

 

行きでは、ぶらざーさん、Highさんとエール交換。

 

その後、エムウェーブをぐるっと1周回るので、距離があまり離れてなかったと思われるとし姉さん、ナコラマさん、じぇいてぃさんとはスライドできず。

 

帰りには、はてブロTを着た げんまいさんとエール交換できました。

 

 

20キロ付近に差し掛かるころ、2錠目のカフェインを、摂取!

 

25キロ以降くらいで効果が出ることを期待します。

 

目の前には五輪大橋の上り。

 

キロ430くらいまで落ちますが、多少のペースダウンは仕方なし。

 

後半に備え、体力温存です。

 

 

 

20~25km

ガーミンのラップ 

4'22 - 4'17 - 4'22 - 4'22 - 4'18

 

前の区間で、「無敵感」を感じてたはずなのに、ちょっとキツくなってきました。

 

気づくとラップが少し落ちてる感じです。

 

周りのランナーにつかせてもらいながら、ペースを維持。

 

 

23~25kmのあたりはまたスライド区間です。

 

ぶらざーさん、Highさんの順にエール交換。

 

2人とも笑顔でまだ余裕ありそう!

 

 

次にりるさんとスライド。

 

りるさーん!

 

と腕を振って声をかけますが、りるさん、手を上げるだけの塩対応。

(後から聞くと、りるさんのスライドの反応はいつもこういう感じとのことでした(^_^;) )

 

にしても、りるさんはちょっと余裕なさそうに見える。大丈夫かなぁ?

 

 

その後は、ナコラマさんとスライド。

 

りるさんと随分近いし、笑顔だし調子よさそうだ。

 

 

 

25~30km

ガーミンのラップ 

4'23 - 4'29 - 4'23 - 4'27 - 4'23

 

ペースは少し落ちてきました。

 

キロ420をほぼキープしてたときと同じ出力なのに、気を抜くと430を見そうになる感じです。

 

 

25キロ以降は、道が細くなりました。

 

普通に田舎道。

 

その分、沿道の声援がダイレクトに届きます。

 

地域のおじちゃん、おばちゃん、子どもたち、ボランティアのスタッフさんが自分に向けて声援を送ってくれます。

 

あったかい。本当にうれしい。

 

あざーーーっす!!

 

僕もいちいち声に出して応えます。

 

 

また、コロナ禍ゆえに、声を出さずに応援ボードを掲げてくださる方もかなりいました。

 

それらを読んで、ジーンときたり、ニヤっとしたり。

 

僕も腕を上げて、ありがとうございます!ってあえて声を出さずに伝えます。

 

すると、応援ボードを持ってる方もボードをちょっと動かしてくれたりして、「声援と感謝のキャッチボール」ができました。

 

 

以前は、沿道の声援に応えることはしませんでした。

 

ちょっと恥ずかしいし、体力が削られる気がして。

 

たしかに、そういう面もあるかもしれないですが、キツい時なんかには、声援をしっかり受け止めて、応える方が頑張れるんです。

 

そして何より、楽しい。

 

ラソン大会って、応援があるからこんなに楽しいんだ!と久しぶりに思い出し、味わえました。

 

 

30キロ地点手前。

 

アスリチューンのコーヒーゼリーを摂取。

 

これで、このレースの補給はすべて終わり。

 

あとは走るだけだ!

 

 

そして、30キロ地点。

 

家族がまた待っててくれてました。

 

キツかったけど、そこまで頑張ろうと思って走ってきました。

 

余裕はないけど、最高にテンション上げて、笑顔で走り抜けます。

 


うぇぇえええーーい!!!

ありがとねっ!!!

 

 

みんな笑顔でした。

 

 

いよいよ、終盤。

 

つづく。

 

 

【レポ】長野マラソン① 前日~スタート

 

長野マラソンの速報記事では、たくさんの訪問、コメント頂きありがとうございました!

 

長野マラソン、本当に最っ高に楽しくて、今でもレースのことを思い出し、浸ってます(^^)

 

 

翌日の信濃毎日新聞

 

何面にも渡って、レースの様子が記事になっていて、しかも全完走者のタイムまで掲載されていて、ビビりました。

 

 

長野市をあげての開催、おもてなし。

 

そんな気概を感じて、これはホスピタリティもいいわけだなと、納得し、開催してくれた長野マラソンへの感謝もあらためて感じました。

 

 

そんな長野マラソンのレポでございます。

 

レース前日

 

東北新幹線がギリギリ開通し、移動は新幹線で現地入り。

 

車で行くことも覚悟してましたが、疲労度が全然違うのでホント良かったです(^^)

 

 

長野駅に到着し、妹に車で迎えに来てもらい、前日受付へ。

 

 

場所は、長野オリンピックの会場でもあるビッグハット

長野ビッグハットでNHK杯を見た: 高スポ☆神奈川本社

 

 

 

長野マラソンは、他にエムウェーブや、ゴール地点のオリンピックスタジアムなど、オリンピックで使われた施設をめぐるコースになってます。

 

 

会場到着すると、最初に待ちかまえるのは抗原検査です。

 

各自、検査キットの綿棒で鼻をグリグリやります。

f:id:kenchan-run:20220418134816j:image

 

検査はあくまでセルフ。係員が監視しているわけではないので、

 

これって、やったフリだけして、綿棒を検査液に浸しちゃえば、陽性など出るわけないよな?

 

と一瞬悪い考えが浮かびますが、男らしくしっかりグリグリします。

 

で、

 

この結果が出るまで15分待機。

 

出発前に「陰性」を確認してるので、さほどドキドキせずすみました。(^^)

 

でも、これがなければ、前日夜に長野着でもいいのに、遠方から来る人や、前日に仕事してる人なんかは大変ですよね~。

 

 

受付会場は出店ブースがいくつかあり、賑わってました。
f:id:kenchan-run:20220418134831j:image

 

売っている「おやき」を猛烈に食べたくなりましたが、我慢です。

 

 

夜は、弟のお店で食事。

 

 

うなぎ釜めし と 板そばでがっつりカーボイン!!

 

 

 

レース当日

 

朝、4時半起床。

 

朝食メニューは、

コンビニのおにぎり2つ、なめこ味噌汁、オレンジジュース。

 

8時20分のスタートに備え、5時には食べ終わります。

 

それから、モルテン DRINK MIX320 をレース直前までちびちび飲み続けます。

 

 

実家から、会場の運動公園までは2.5キロくらい。

 

歩けないことはないけど、微妙に疲れそう。

 

なので、妹に車で送ってもらいました。

 

 

6時半前には会場に到着!

 

早朝は気温  1~2℃とかなり低かったですけど(車のガラスも凍ってた)、会場入りするころには陽が射してきたので、それほど寒くありませんでした。

 

 

陣地に集まる前にゆるりジョグを1.5キロほど。

 

すると、ガーミン 先生の「ピーキング」
f:id:kenchan-run:20220418134827j:image

 

お墨付き頂きました\(^o^)/

 

なんなんでしょうね、このタイミングのよさ。

 

練習しているときは一切こないのに。

 

Beyondのときもそうでしたが、テーパリングが上手くいったということなんでしょうか?

 

 

いずれにせよ、悪い気はしません(^^)

 

そして、心なしかコンディションも良い気がします。

 

 

その後、トイレを済ませ、陣地へ。

 

陣地にはHighさん、ナコラマさんがすでにいて、その後も続々と。

 

ぶらざーさん、マフさん、じぇいてぃーさん、りるさん、ねぇさん、げんまいさん、とし姉さん (なんとなく着いた順)

 

ブログでコメントやりとりは多くても、リアルでははじめてお会いする方も多く、お互いようやくお会いできたーって、感慨深かったです。

 

談笑を楽しみ、シューズ円陣!

f:id:kenchan-run:20220418135528j:image

後から見て気づいたけど、全員右足。なぜか僕だけ左足。

 

なんか、右足でやる決まりとかありましたっけ?

 

まあ、いいや(適当)。

 

 

荷物を預け、僕は最後の刺激入れで、ダッシュを5〜6本。

 

うん、体の動きはむちゃくちゃいい。

 

これは、かなりいいコンディションだ。

 

そう実感できました。

 

 

その後、スタートブロックで、ナコラマさん、りるさん、Highさんと合流し、スタートを待ちます。

 

 

8時20分 号砲!

 

0~5km

ガーミンのラップ 

4'22 - 4'22 - 4'20 - 4'21 - 4'16

 

スタートロスは13秒。

 

 

まず、長野マラソンのコースです。

 

全体的に高低差は小さく、フラット傾向です。

 

 

この日の目標は 3時間5分。

 

petaさんのペース計算ツール(毎度、お世話になります)

f:id:kenchan-run:20220418202324j:image

 

シーズン初戦で3時間5分を切れなかったときより、明らかに走れてないので、冷静に考えて、ちょっと無謀かなとも思いましたが、年末にサブスリー達成できた自分の全盛期のキャパが奇跡的に少しは戻ってくるかも?と期待してこの目標としました。

 

ダメでもいいじゃん!チャレンジしないとね。

 

 

スタートしてすぐに、遠くからでも目立つ赤いキャップを被った ねぇさんに追いつきます。

 

ねぇさんは、レース前に故障を悪化させてしまい、普通ならDNSしてもおかしくない状態。

 

普段のねぇさんの走り方を知っているわけではありませんが、明らかに走り方がおかしい。

 

痛い足を庇いながら走ってるのが分かります。

 

これだと「完走することは無理だろうな」と思いましたが、ご存知の方も多いと思いますが、何と、ねぇさんは完走します。(これは、マジですごい)

 

このときは、完走するなんて思いもしなくて、

 

「ねぇさん、無理しないで、ファイト!!」

 

と声掛けし、

 

ねぇさんからも

 

「けんちゃんもファイト!!」と大きな声で声掛けしてもらい嬉しかったです。

 

 

 

序盤の5kmは少しアップダウンもあるし、突っ込みすぎないように、4'25/km を少し切るくらいでたんたんと進みます。

 

 

4.5km地点

長野市役所前

 

ここでは、家族(母、妹、娘)が応援しに来てくれてます。

 

まだまだ超元気なので、沿道ギリギリまで近寄って

 

 


うぇーーーい!! ありがとうっっ!!!!

 

と、テンションMAXでオーバーアクションで応援に応えます。

 

 

母も妹もスポーツには全く興味がありません。

 

よって、人が走るマラソンの応援なんて、全く興味がなかったと思います。

 

でも、マラソンの応援って、やった人じゃないと楽しさ分からないじゃないですか。

 

だから、けっこう無理やり応援しにこさせたんですけど、家に帰ったら、

 

母が、

 

「マラソンの応援がこんなに楽しいなんて思わなかった。また来年も応援したい」

 

なんて、僕の予想をはるかに上回る120点の感想を言ってくれて。

 

むちゃくちゃ嬉しくて、長野まで走りに来てよかった~としみじみ思いました。

 

 

長くなってしまったので、つづく。

 

 

【速報】長野マラソン

長野マラソン、完走しました。

 

f:id:kenchan-run:20220417123233j:image

思いのほか走れませんでしたけど、最後まで諦めず今のベストを尽くせました。

景色も素晴らしく、沿道の声援も嬉しくて、最高に楽しかったです。

 

やっぱり、マラソンは最高だね!!

いよいよ明日、長野マラソン

 

いよいよです!

 

 

長野に着いたら、前日受付で、コロナの抗原検査を受けねばなりません。

 

 

これが実にコワイ!

 

 

体調は全く問題ないけど、万が一、陽性だったらと思うとゾッとします。

 

大会にも出れないし、もちろん実家に泊まることもできず、そのまま仙台に帰ることしかできない!

 

ムスメと一緒なので、新幹線の6万5千円以上が水の泡。

 

 

なので、そのリスクを抑えるべく、

 

仙台で昨日、抗原検査を受けてきました(^^)

 

30分後、

 

結果ドン

f:id:kenchan-run:20220416090226j:image

 

陰性。

 

よかったー!

 

結果を開ける時、むちゃドキドキしました。

 

宮城県民は、今この手の検査は無料だし、会社のすぐそばで受けれるのでラクチンでした(^^)

 

というわけで、今無事に長野に向かってます(^^)

 

 

当日の戦闘服。

f:id:kenchan-run:20220410140940j:plain

久しぶりの、はてブロノースリ ブルー!。

 

ちょっとテンションあがります(^^)

 

スタート8℃で、ゴールは15,6℃の予報。ずっと晴れ☀️マーク。

 

後半がちと暑くなるかな。

 

 

 

補給。

f:id:kenchan-run:20220410141012j:plain



朝からスタートまで、ちびちびとモルテンを摂取。

 

絶対胃がやられるので、レース前には確実に太田胃散。

 

レース中の補給はアスリチューンのゼリー2つだけ。

 

カフェインは、5km、20kmで1錠ずつ。

 

というプランです。

 

 

明日は、6時半頃会場入りして、7時くらいに陣地に行こうかと思ってます。

 

 

それでは、明日。

 

ご一緒する方、頑張りましょう!!

 

YARUZO !

 

チクショー、食わせろー!!

 

長野マラソンのために、東北新幹線の予約をすべく、本日朝5時にPC前にスタンバイ!

 

クリック合戦なら負けねぇ!と、意気込みましたが、ひたすら混雑で接続できず・・

f:id:kenchan-run:20220413055313p:plain

 

アタマに来るのが、RUNNETと違って、ステップが途中まで進んでも、混雑のせいで、一番最初(経路の検索)からやり直しさせられること。

 

座席指定のところまで進んでても、最初からやり直しとか・・

 

 

f:id:kenchan-run:20220413082533j:image

 

1時間半経っても、まったくダメなので、えきねっとは断念だ!

 

 

そういえば、最寄り駅の券売機って、新幹線チケット買えなかったっけ?

 

さーっと、走る格好で行ってみる。

 

結果、

普通の券売機だったので、新幹線は買えず!

 

f:id:kenchan-run:20220413082533j:image

 

買えればこのままランニングしようかと思ったけど、予定変更だ!

 

仙台駅で買うしかない!

 

 

家に帰ってスーツに着替え、仕事に行ける格好で出発。

 

 

仙台駅の券売機。

 

少し人が並んでましたが、乗りたい車両はいともあっさり余裕で買えました(^^)

 

きっと、ゴールデンウィークの分も同時に発売されたせいで、えきねっとが混雑してただけだったんでしょうね(^_^;)

 

これで、長野への移動は乗り換え含め、3時間弱で済みます。

 

 

ふー、めでたし、めでたし。

 

 

 

ハナシは変わって、減量のこと。(またかよ)

 

 

最近のランチは、コンビニがメイン。

 

ある休日のご飯。

f:id:kenchan-run:20220410194721j:image

セブンイレブンで買った野菜サラダに、サラダチキンをスライスしてドサリ。

もち麦入りの梅こんぶおにぎり。

ゼロキロカロリーサイダー。

しめて、240kcal。

 

このもち麦入りのおにぎりは、糖質控えめで腹持ちがいいので減量中にもお薦めです。

 

 

昨日のランチ


f:id:kenchan-run:20220413090750j:image

f:id:kenchan-run:20220413090753j:image

 

春雨シーフードヌードルとサラダチキンのスモークペッパー。 トータル228kcal。

 

 

基本、毎日お昼は200kcal台で抑えてます。

 

我慢の甲斐もあり、お腹もぐっと凹み、3週前と比較して、ベルトの穴が2つ分変わりました。

 

 

しかし・・・

 

食べたいもの我慢するの、こんなにキツかったでしたっけ?

 

朝、夜はまあまあ普通に食べてるので、一日のカロリーをものすごく抑えてるわけではないんですけど(たぶん、トータル 1600~1800kcalくらいかな?)。

 

食べたいもの(ラーメンとか揚げものとかスイーツとか酒とか)を食べないことがツラいですね。

 

 

こういうダイエットはシーズンに1回の本気レースでしかできませんね。

 

もーやだ。

 

ほんともー、マジやめたい。

 

 

レース終わったら何食おうか、そればっか考えてます。

 

 

f:id:kenchan-run:20220412203343p:plain

 

f:id:kenchan-run:20220412224147p:plain





 

f:id:kenchan-run:20220412203343p:plain



f:id:kenchan-run:20220412213956j:image

 

 

 

f:id:kenchan-run:20220412203436p:plain


f:id:kenchan-run:20220412213807j:image

f:id:kenchan-run:20220412213810j:image

f:id:kenchan-run:20220412213839j:image

f:id:kenchan-run:20220412213913j:image

 

 

f:id:kenchan-run:20220412203524p:plain

魔界ラーメン 月光@男峠 : 宮城ラーメンカンパニー

 

うわー、全部茶色~。

 

ちなみに、今一番食べたいものは、魔界ラーメン月光の「男峠」。(写真の最後)

 

二郎系かと思いきや、意外とまろやかで、スープが美味いんです。

 

よだれ、やばい。

 

 

アタマがおかしくなってるので、ネタ古め、クセ強めで失礼しました。

 

おしまい。